So-net無料ブログ作成

毎日blog


「たくさん働けば、お金が多く手に入り、幸せになれる」や「たくさん働くためには健康でなければならない」という価値観の元、健康に対する信仰は存在していたものの、現代において健康は、何かを達成するための手段ではなく、健康自体が目的となっている傾向も見出され、こ今日の和風住宅の原型が成立したのは室町時代である。足利義満の邸宅はまだ寝殿造の面影を留めていたが、いわゆる東山文化の時代の足利義政の邸宅になると、初期書院造と呼ばれるものになる。畳を敷き詰め、障子戸を用い、床の間などの座敷飾りが造られるようになりました。


2010-08-06 13:55 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。